ゆうゆの雑記帳

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

人権擁護法案


人権擁護法案というものです。

知ってるって方は、以下はよまなくてけっこうです。
知らない方は、少し難しい話になりますがよんでいただきたいのです。

でも、私は文才がありません。
考え方も偏りがちです。

ですので、この場にはとやかく書きません。

とりあえず、法案の提出理由をのせましょう。。

 我が国における人権侵害の現状その他人権の擁護に関する内外の情勢にかんがみ、人権侵害により発生し、又は発生するおそれのある被害の適正かつ迅速な救済又はその実効的な予防並びに人権尊重の理念を普及させ、及びそれに関する理解を深めるための啓発に関する施策を推進するため、新たに独立の行政委員会としての人権委員会を設置し、その組織、権限等について定めるとともに、これを主たる実施機関とする人権救済制度を創設し、その救済手続その他必要な事項を定める必要がある。これが、この法律案を提出する理由である。

だそうです・・・・
むずかしい;;

はっきりいって。なんとなくはわかるけど…理解はできていません。。
数学科なので。数字で書いてくれないと・・・・・w

というわけで、反対派の方の文章を転載してみましょう。
あらかじめ言っておきますが、以下に載せる文章はあくまでも反対派の方の文章なので必ずしも正しいと言うわけではありません。

私は先日、「人権擁護法案」という法案について、インターネット上で知りました。一見するとよさそうな法案に見えますが、内容は全く異なります。
 その内容ですが、大まかに言うと、人権委員会が、人権侵害やそれを誘発・助長する恐れのある発言や出版などに対し調査する権限を持っていて、事情聴取等の協力を拒否した場合には、罰金等の処罰があります。もし人権を侵害していると認められた場合、当該行為をやめるよう「勧告」され、従わない場合には氏名等の個人情報を含む勧告内容が「公表」されてしまうのです。
 この法案の問題点は第一に「人権侵害」の定義があいまいなため、恣意的な拡大解釈がまかり通ってしまう点です。また、人権委員会の行動を監視する機関などがないため、人権委員会の権力があまりに強大な点も問題です。
 さらに実務をこなす人権委員の人数は5人(常任は2人)と十分な人数とは思えません。この人権委員と実際の調査などを行う下部組織の「人権擁護委員」(2万人以内)には国籍条項もありません。委員の人選の仕方も不透明です。
 しかし、一般マスコミはなぜこのことを報道しないのでしょうか。数年前、同じような法案が話題になりましたが、それはマスコミに対する規制があったからであり、今回の法案はその条項が「凍結」されました。マスコミが報道しない理由について、法案が可決されればネット上の掲示板、ブログ等の情報などが規制され、テレビなどでの情報操作がしやすくなるから報道をしていないという説まであります。
 この法案によってやろうとしていることは、「人権擁護」なのではなく、「言論弾圧」です。小説や映画などにも影響が出るでしょう。この法案は成立させるべきものではありません。皆さんにこの問題を知っていただければと思い投稿しました。この法案が廃案になることを切に願っています。


ほむ・・・
私が一番気になることは、マスコミの報道規制がひかれているのではないか?ということ。
私がテレビを見ている限りでは、いっさいテレビなどで放送されていないんですよね・・・新聞は・・・よまないのでわかりませんごめんなさい。。

つき3400円って意外と高くて・・・

とにかく、今回は反対運動をしろとかではなく、こういうものがあるんですよと知っていただきたく書きました。。

私本人の意見としましては、ただいま勉強中といったところですね。。

みなさまのご意見を聞きたくおもいます。

参考とさせていただきましたサイトを載せておきます。



ただ、上にも似たようなことを言いましたが、サイトに書かれていることは書いている方の意見であり本質ではないことがあります。

というより、ネット上にはかなり偏った意見が多いですねww

私自身、ネット上の意見に振り回されないようにしないと・・・


法務省 - 人権擁護法案に関するQ&A
サルでも分かる?人権擁護法案
  

スポンサーサイト


  1. 2005/04/10(日) 04:43:59|
  2. りある|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
 

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。