ゆうゆの雑記帳

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

講話内容

講話で作った原稿。。大幅に削ったのでもったいないから。。そのままブログにはっておこう。




みなさんこれをみたことありますか?(ホワイトバンドをみせる。)
街中でつけている人を見ることもありますし、このクラスにも何人かつけている人がいますよね。
これは、どういうものかということをこれから話したいと思います。

みなさん世界には貧困によって亡くなっている子どもたちがいることを知っていますか?
それも、3秒にひとり貧困が原因で子どもが亡くなっているのです。
貧困をなくすにはどうしたらいいと思いますか?
最初に頭に浮かんだのは募金ではないかと思います。確かに、募金によって子どもたちを救うことはできます。しかし、世界の貧困はもう募金では解消できないほど大きなものになっているのです。
そこで、お金ではなく声を集めようと発足したのがホワイトバンドプロジェクトです。
これを、募金だと思って買っている人も多くいるのですが、このバンドの本当の意味は、まず3秒にひとり貧困から子どもがなくなるという貧困の現実を多くの人に知ってもらうこと、そして貧困をなくす政策を政府に働きかけることです。

ホワイトバンドが掲げていることは以下の3つです。
・最貧国の債務を帳消しにする。
・援助の質を高めて量もふやす。
・貿易を公正にする。

この中でも特に重要な、「最貧国の債務を帳消しにする。」について話したいと思います。
日本が現在アフリカ諸国をはじめとする貧しい国々に対して持っている債務っていくらだかわかりますか?314億ドル、日本円にして3兆4000億円にもなるのです。そして、それらの国々から年間330億もの返済を受けています。日本人にとっては330億というのはGNP(国民総生産)の0.006%で一人当たりに直すと約270円です。しかし、日本にとってはそんなに大きな金額ではない債務返済ですが、貧しい国々ではとっても大きなお金なんです。たとえばサッカーで有名なカメルーンでは債務返済がしめるGNPの割合は5.9%、それに対して医療に使われる割合は1%、教育に使われる割合は3.1%だけなのです。ほかにも、チョコレートで有名なガーナでは債務返済がしめる割合は6.6%、医療は1.7%、教育は3.1%なのです。
ちょっと難しい話だけど、貧しい国々にとって債務返済がとっても大きな重荷になっていることはわかりましたか?ホワイトバンドが目的としている「最貧国の債務を帳消しにする。」というのは、その債務をなくし少しでも多くのお金を医療や教育に使おうということなのです。
難しい話になってしまいましたが、この話に少しでも興味を持った人はぜひホワイトバンドのHPをみて、貧困について何ができるのか考えてみてください。
http://www.hottokenai.jp/index.html


スポンサーサイト


  1. 2005/10/07(金) 02:05:54|
  2. りある|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2
 

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。