ゆうゆの雑記帳

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

信号の国 -He declared his love for her.-



水も木もないサバンナのなかを一本の道が北から南へただまっすぐと、とおっています。
ある人はその道の先には豊かな国があるといいました。別の人はその道の先にはさびしい砂漠しかないといいました。
ときおり旅人がその道をおとずれてはさっていきました。


道の途中に一本の信号機が立っています。
誰が立てたかはわかりません。でもずっとずっと昔から信号機はそこにありました。


ひとりの旅人がやってきました。旅人は精悍な馬にまたがり、腰にパースエイダー(パースエイダーは銃器、この場合は拳銃)をさげた若い男でした。
旅人は信号の前で立ち止まり、信号が青になるのを待ちました。
しかし、信号はずっと赤のままです。
なかなか青にならない信号を前に、旅人はなにか決心したような表情をするとそのまま信号を無視して道を進んでいきました。


ひとりの旅人がやってきました。旅人は小さな車に乗った小柄な男性でした。ずっと旅をしてきたであろうぼろぼろの車は今にも壊れそうです。
旅人は信号機に気づかずそのまま道を進んでいきました。


ひとりの旅人がやってきました。旅人は黒い大型のモトラド(二輪車。空を飛ばないものだけを指す)にのった若い女性でした。風に長い黒髪がなびいています。
旅人は信号の前で立ち止まり、信号が青になるのを待ちました。
しかし、信号はずっと赤のままです。
しばらく青になるのを待っていた旅人はあきらめたのか来た道を引き返していきました。


ひとりの旅人がやってきました。旅人は大きな袋をひとつ肩に背負い、もう片方の肩に大型のパースエイダーをかけたほっそりとした若い男でした。どこから来たのかわかりませんが、旅人に乗り物はありません。ゆっくりと歩いてきました。
旅人は信号の前で立ち止まり、信号が青になるのを待ちました。
しかし、信号はずっと赤のままです。
旅人は荷物をおろし信号が青になるのを待ちます。
しばらくして、信号が青に変わりました。しかし、旅人は気づきません。
少しの間青い光を放った信号は、また静かに赤に戻りました。
旅人は気づかずに青になるのをずっと待っていました。


ひとりの旅人がやってきました。旅人はバギーに乗った整った顔立ちの青年でした。助手席には一匹の白い犬がちょこんと座っています。
旅人は信号の前で立ち止まり、信号が青になるのを待ちました。
しかし、信号はずっと赤のままです。
信号が青になるのをひたすら待っていた旅人は、青に変わるのをみて無表情のまま通り過ぎていきました。


道の途中に一本の信号機が立っています。






あとがき。


このようなつたない文章を読んでくださりどうもありがとうございます。

久しぶりに創作意欲がわき、ショートストーリーを書いて見ました。
世間一般ではこれを逃避というそうですが知ったこっちゃありません。

今回のお話は、あるライトノベルをもじってあります。話はまったくのオリジナルですし、登場人物も出てきませんが、読んだことある人にはわかるような小ネタを少々入れてみました。
あと、書き方もかなりまねてありますが、まねればまねるほど、自分の文章力のなさに嫌気が差します。。笑


この話のきっかけとなったものは、日高万里の「V.B.R(ベルベット・ブルー・ローズ)」の5巻にちょっとだけ出てくるお話です。
このお話の信号機とはなにかといいますと、恋愛における告白のGOサインのつもりで書きました。間違っても真・豪鬼ではありません。笑

世の中にはいろんな人がいます。赤のままでも気にせず突っ込む人。ずっと青なのに気づかない人。ただひたすら青になるのを待つ人。信号機自体に気づかない人。
そんなのをお話にしたら面白いかなと思って書いてみました。

ちなみに俺は5番目のつもりです。でも、4番目といわれることもたまにあります。ずっと赤のままだとわかっていながら信号を待っていたのに、おもわず飛び出しちゃったら青だったなんてこともありました。


あなたはどんな旅人ですか?


感想いただけたらうれしいです。
辛口のお言葉、受ける覚悟はできていますので、思ったこと感じたことをいただければと思います。
多くの感想を待ってます。てか、感想ください。お願いします。笑
スポンサーサイト


  1. 2006/01/27(金) 12:36:35|
  2. しょーとすとーりー|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:3

  

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2006/01/28(土) 21:56:08 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

ナカジありがと~

副題は"彼は彼女に告白した"って意味ですが・・・なにせ俺の英語力なんであってるかどうか。。。。。
  1. 2006/01/29(日) 11:22:39 |
  2. URL |
  3. ゅぅゅ #ANS8aOG2
  4. [ 編集]

あれ?わたしもしかして「秘密」にチェックいれました?そんなつもりなかったのにー(>_<)

副題、そういう意味だったのね!どうもありがとう☆declareって何となく公的なことを言うときに使うイメージがあったもので、よくわからなかったのです。
  1. 2006/01/29(日) 23:05:26 |
  2. URL |
  3. ナカジ #aQgo/5uM
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://joan.blog24.fc2.com/tb.php/216-75f5dc1d
 

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。