ゆうゆの雑記帳

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

ヤマアラシのジレンマ




私には、友人と呼べる人があまりいません。

親友と呼べる人はいません。




私は、誰とでもある程度親しくなることができます。



でも、私から他人を友人と認識することは、ありません。


なぜならば…怖いから。


私だけが友人と思っているだけで、相手の人は私のことを友達ともなんとも思っていないことが。



ヤマアラシのジレンマという話があります。

よくは覚えていませんが、こんな話です。

2匹のヤマアラシがいました。
ふたりはもっとそばに寄りたいけれど、針がじゃまで近くよれません。
でも、ふたりはお互いにおなかを見せあうことで寄り添うことができました。


こんな感じ。

もし、私だけが相手のことを友達とおもっておなかを見せたら。。。おなかの弱いところに針が刺さってしまいますよね。


それが、怖いのです。


だから、相手が私のことを友達だとはっきりいってくれるまで、私はその人を友と呼ぶことができません。


でも、小学生じゃないんだから、私たち友達だよね?みたいな話はふつうしませんよね。

だから、私には友達が少ないんです。



相手がどう思っているかをとても気にするので、自ら積極的にコミュニケーションをとることもありません。。


そんなだから余計人との関わりが少なくなります。


悪循環ですね。



前のバイトの室長に、よく「友達少ないだろ」っていわれました。

そういわれるたびに、自分の性格をねたみ、私のことを友達だと思ってくれる人は誰もいないのではとおそれました。




だからたまに、友達といわれると、とてもうれしいです。
と、同時に、その人は本当に友達と思っているのか怖くなります。




もう、なにいってるんだかわかんないや…


なんか、不快な文章でごめんなさい
  
スポンサーサイト




  1. 2005/07/27(水) 01:15:53|
  2. りある|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

  

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://joan.blog24.fc2.com/tb.php/43-372b59c4
 

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。